Home 最近、航空機に関するニュース多くないですか。マスコミのせいですか?
« Home »
2013年 08月 08日 Comments: 2

最近、航空機に関するニュース多くないですか。マスコミのせいですか?

Share on Facebook
[`twib` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on LinkedIn
Bookmark this on FC2 Bookmark



こんにちはー。えびふらいです。

 

最近、航空機に関するニュースが変に多いんじゃないのかなと思ってたり。

小さい頃から飛行機が好きで好きでMicrosoft Flight Simulator Xにガッツリハマり、5,6年やりました。

今思えば、どれだけの距離飛んだのかなーどれだけの回数着陸したのかな

なんて考えてたりしますが…

さて、本題に戻りましょう

 

本記事は、私の持論を書きました。

不愉快に思う方もいるかと思います。

しかし、最近のマスコミの体質について黙っていることができないと私は感じます。

不愉快に思った方、先に謝罪させて頂きます。 申し訳ございません。

その点をご了承いただき、ご覧頂ければと思います。

 

 

変に多くてニュースに取り上げられるってことは、航空機に関する事象が変に固まって発生してるって言うことですよね。

自衛隊のF-Xや日本の政府専用機の後続機とかはわずかしか取り上げられないんですよ。

そう。事故事例のほうが無駄に取り上げられるんです。

アシアナ航空の着陸失敗事故、大韓航空の新潟空港オーバラン、米空軍救難ヘリの墜落事故。

昔からマスコミに叩かれてるV-22オスプレイ。

 

もう、事故事例ばかり取り上げて何がしたいんですか?

人名に関わることだから? そんなのいい顔したいだけじゃないんですか?と。

結局は、航空機事故取り上げれば視聴率取れるからなんじゃないですか?

スポンサーに「視聴率上がったよ!」みたいな事言いたいんじゃないんですか?

 

それとも、人々に航空機は悪だというイメージを植え付けたいんですか?

そんなことしたら、航空機乗れないですよ。

島国日本で航空機に乗れないって、大問題です。

鎖国でもするんですか?

船便で何ヶ月もかけてアメリカまで行くんです?

そんなことできないでしょ。

 

確かに事故は事故です。

世界一安全な乗り物と言われる航空機は事故起こしたら珍しいですよ。

取り上げれば視聴率とれるかもしれないですよ?

でも珍しいからって、あそこまで叩かなくたっていいんじゃないんですか?

最終的に、原因は調査中とのこと。みたいなこと言って、原因調査が終わった1年~2年後には

書類の山に埋もれて行って人々に伝えることもなく。

 

その繰り返しだから、航空機は危ないだの、新型機は全部危ないだの言い出すんですよ。

 

人を乗せても安全だよって言うことを証明する試験の難しさ知っていますか?

相当厳しいです。

それをクリアする機体だからこそ、人を乗せて飛ぶことができるんです。

そこまでメーカーが安全性にこだわって作った機体を簡単に批判しないでほしいと思う。

 

批判することは誰でもできるんです。簡単です。僕のこの記事だってそうです。

だからこそ、報道機関でしかできないことをして欲しいんです。

 

事故の原因までしっかりと記事としてまとめ上げるべきなんですよ。

いつもいつも速報ばっかりで事故原因は調査中?

その事故原因をお偉い教授が”推測”で語ります。いつものパータン。

それで、半年~3年ぐらいで出てくる事故原因調査結果を最終的に記事にするんですか?

航空機は危ないかもよというイメージを与えて、そのイメージを回収しないんですよ。

だから悪いイメージばかりが溜まっていく。

数年後に見る事故原因の大半を占めるのが、ヒューマンエラーです。

それをあたかも機体が悪いかのように見せているのがマスコミだと思います。

いや、それができるのはマスコミしか居ないのでね。

 

僕はもうマスコミは信じていません。全くというほど。

ネットから同じ事象に関する記事を何個も集めて、そこから事実を見つけ出しています。

そこまでしないと、正しい情報が手に入らないってよほどのことじゃないかと…

今すぐに、今一度報道のあり方を考え、偏った報道をやめてほしいと感じます。

そりゃ報道機関のみなさんも人間です。完全に中立とは言いません。

賛成が0、反対が100だとします。

完全に50である必要は無いんです。

48や52ぐらいでもいいですよ。おおよそ真ん中ならいいんです。

でも今は違いますよね。明らかに。

 

この航空機に関する例は、マスコミの偏った報道を判断する上でいい事案ではないですかね。

確かに事故はよろしくない。人の命を奪い、人生を狂わせます。

でも、人間は失敗から学ぶんです。

失敗が無ければ学べません。

その学ぶ場をぶち壊すのがマスコミだと思います。

今すぐにでも、マスコミは考えなおしていただきたいと考えるのが私の持論です。

 

不愉快に思った方、いるかと思います。

申し訳ございませんでした。

 

でもまぁ…

書かなきゃ気が済まなかったのかな…

 

次回の記事はMinecraft系にしますね

お楽しみに!



Comments

( 2 )
  1. 那珂ちゃんだよ― 8月 8th, 2013 11:14

    ホントだよね…
    航空機にかかわらず、日本ではあーいう事故だこーいう事故だって報道しかないと思うの。
    たとえばこの前出来た護衛艦のいずも。あれなんて「旧海軍の大和に匹敵する大きさで云々」って報道しかしていないんだもの。そんな報道すればまた戦争でもするのかって言って平和()団体に噛みつかれるってわかってるだろうにね。
    記事にもあった米軍のヘリ墜落事故もそう。実際に支離滅裂な反対運動を行ってるのは一部の左翼過激派とからしいんだよ。それをあたかも島民全員が一致団結して反対してるかのように全国へ報道するよね。
    こっちには情報源としてそれらが流される。事実とは相反することをね。
    麻生大臣のナチス発言も、実際の焦点はもっと別の発言にあった。ただ引き合いに出すために飛び出した発言をマスゴミが大きくたたいて報道し、失脚を狙ってるようにしか…

    とまぁ、もう報道局や新聞社の報道なんてほぼあてにならないんだよね。
    だからネットでも書物でも、多面的に物事を見て真相を見出さなきゃいけないんだよね…現代社会にそれが出来る人は、あんまりいないんじゃないかとは思うけどさ。

    • えびふらい (Admin) 8月 8th, 2013 11:48

      コメントありがとうございます。

      仰る通りです。
      マスゴミ様方は何を視聴者に伝えたいのか。
      僕にはもう伝わって来ません。
      とりあえず、視聴率確保しようか。みたいなところがぽつぽつ見受けられて、ここまで腐敗しているのかと。
      こんな報道機関信じていると、いつか痛い目にあう気がしてなりません。
      報道機関の使う公共電波、返してほしいものです。

      実際に行って本当に正しいか確認できない視聴者にとって、曲げられた報道を受け取ってしまえばそれを事実であると思う人が大半だと思います。
      公共電波を使う報道機関は、もっと中立であるべきであって、真実のみをわかりやすく伝えて頂ければ僕としてはそれでOKではないかと思うのです。

      一つの事象に対して、多くの情報を手に入れ、正しい情報を引き出す。
      時事ニュースは大事ですが、このことばかりにずっと時間を使ってはいられません。
      早く報道機関が真面目に機能してくれることを願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


- Rental Orbit Space -