Home 電力担当から生活での注意
« Home »
2012年 03月 07日 Comments: 1

電力担当から生活での注意

Share on Facebook
[`twib` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on LinkedIn
Bookmark this on FC2 Bookmark



どうも電力担当のkakeです。

nipa鯖をご利用いただく際、電力担当から生活上でのご注意をお願いいたします。

 

まず最初に、生活上覚えておいていただきたいことです。

nipa鯖では、感電死する恐れが、ある場所が数カ所あります。

そこで、電力を利用する際に、『電力表示』をすることを義務づけています。

皆様にこの電力表示を確認していただき、サーバが設置した機械をご利用いただきたいと思っております。

これが電力表示板です。 入り口(複数ある場合にはひとつ)に貼ってあります。

 

2012-03-07_13.17.52

一行目に電力表示と書かれた板です。

書き方は

2・3行目に利用している最高電圧・蓄電量

4行目にセーフティレベルを記載しています。

 

まずは2・3行目の説明から。

最高電圧・蓄電量は、非常に重要な規格となります。

電圧が高ければ高いほどもし感電すれば、受けるダメージが非常に大きいです。

蓄電量は、ダメージ面では影響有りませんが、多ければ多いほど膨大なコストがかかっています。

電圧

流れる量

低圧 (超低圧も含む) 32EU
中圧 128EU
高圧 512EU
超高圧 2048EU

これに、セーフティレベルを合わせると、どれだけ危ないかというのが判断できます。

 

次はセーフティレベルです。

セーフティレベル

説明

セーフティレベルA 感電など、ほとんど起こりえない状態。
安全対策がされている
セーフティレベルB 使い方を間違えると、爆発や感電死などが起こり得る状態。
説明を必読し、遵守すれば、安全に利用できる
セーフティレベルC 感電死や大爆発、全送電網の焼失があり得る状態
制作した担当者、電力担当、管理人以外の立ち入りを禁止している状態
担当者以外は絶対に立ち入らないでください。
付近を採掘しないでください。(周囲5マス)

 

電圧とセーフティレベルを合わせれば、安全に機械を利用することが可能です。

 

低圧でも、セーフティレベルBなら、感電してもそんなに影響無いですよね?

超高圧だからといって、セーフティレベルAなら全然問題無いはず。

だからといって、セーフティレベルCのところには絶対に立ち入らないでください。

 

そして皆様にわかりやすいようにセーフティレベルに色をつけ、すべての入り口に貼ってあります。

これでパッと見でわかるかと思いますので、安全にご利用ください!^^

セーフティレベル

A
B 黄色
C

 

2012-03-07_13.18.03  2012-03-07_13.18.11

 

 

 

次にIC2の機械についてです

電気を利用すると、通常より低コストでかまどなどを利用できます。

そこで、電気炉や粉砕機などを利用したい。という場合ですが

あるものをご利用ください。(出来るだけ新設などは避けて欲しいということです)

こちらにサーバで設置した機械の表がありますのでご覧下さい。

ジャンル

機械名

場所

電力表示

かまど 誘導加熱炉 マンション前 中圧セーフティA
粉砕機 粉砕機 誘導加熱炉の海側 中圧セーフティB
充電所 MFSユニット(高圧)
MFEユニット(中圧)
バットボックス(低圧)
マンション左側 高圧セーフティA

充電所では、皆様が将来お持ちになるであろう、モバイル工作機器(ドリル等)の充電をする場所です。

電気は使い放題ですので、遠慮なさらずどんどん使ってください!

 

 

電力機器を新設する場合

電線をお引きいたしますので、kake359まで利用電圧、埋設場所をご指定の上、ご連絡ください。

なお、全電力網焼失防止の為、電圧の管理にはお気をつけ下さい。

 

電線は、指定の場所、指定通りの電圧でお引き致します。

その際にこちらの不手際で発生した事故は補償いたします。

しかし、それ以外を原因とする事故に関しましては、一切の責任を負いませんのでご注意ください。

 

 



Comments

( 1 )
  1. […] またセーフティC区域でした […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。